プロのアドバイスを聞きたい!アドセンスコンサル》

テストライティング合格者が教える効果的な5つのコツ【初心者必見】

直接契約する
読者さん
読者さん

クラウドソーシングサイトのタスク案件にも慣れ、プロジェクト案件のライティングへ進みたい

読者さん
読者さん

直接契約を結ぶ際に受けるテストライティングの概要、合格のコツを知りたい

本記事では、専業Webライターの筆者が実際に受けたテストライティングの体験談を交えて、合格のテクニックを解説しています。

この記事をみれば、テストライティングの概要や合格するためのコツがわかります。

実際に筆者がクライアントから受け取ったメールね文面の画像
  実際に筆者がクライアントから受け取ったメール
kana
kana

テストライティングは、クライアントがライターのスキルレベルをチェックするための大切な選考方法です

kana(@kanamamalife
スポンサーリンク

テストライティングとは?

テストライティングとは?
        テストライティングとは?

テストライティングとは、仕事の発注者様がWebライターのスキルを見極めるために行う選考課題です。

クライアントや会社の担当者様は、ライターのプロフィールや、提出した書類などをみてライターの採用選考します。

テストライティングは、以下の状況で受ける場合があります。

テストライティング報酬は、0円または本採用の50%以下が多いでしょう。

Webライターは、気になる仕事へ応募した後、クライアントや会社の担当者様から、カジュアル面談やテストライティングの指示を仰ぎます。

スポンサーリンク

テストライティング【実例】を紹介

テストライティングの実例を紹介します
      テストライティングの実例を紹介します

わたしは、Wantedlyで、ある旅行・グルメ関連Webサイトでテストライティングを受けました。以下2つの選考課題をご覧ください。

課題1】記事構成を考える

指定されたキーワードのうち一つ選び、そのキーワードで検索する人が読みたくなる記事構成を考える

課題2】おすすめ紹介文を考える

テーマ:観光スポットまたはグルメを選び、紹介文を考える

このように、会社の担当者様は、ライターが見出しh1、h2、h3の使い方や、読者にクリックされるタイトル作成方法を知っているかどうかをみています。

わたしは、課題1で、選んだキーワードを含む魅力的なタイトル(h1)、見出し(h2・h3)を考えて答えました。なぜそのタイトル、見出しに決めたか理由も問われました。

また、課題2で、わたしはおすすめ観光スポットまたはグルメ記事を選び、観光スポット(店)の画像、紹介文、その紹介文を書く際意識したポイントを答えました。

kana
kana

こちらの課題例は、あくまで筆者が受けた選考課題です

少しでも参考になれば嬉しいです

スポンサーリンク

テストライティングに合格するための5つのコツ

テストライティングに合格するための5つのテクニックを解説します
テストライティングに合格するための5つのテクニックを解説します

こちらでは、テストライティングに合格するための具体的なアドバイスを提供します。テストライティングに合格するためのコツは以下の通り。

  1. 選考課題の問題を正確に理解する
  2. 会社のWebサイトの文章をよく読む
  3. ターゲット(読者層)を明確にする
  4. 締切前倒しで書類を提出する
  5. 書類提出前に誤字脱字を確認する

①選考課題の問題を正確に理解する

ライターは、提示された課題を元に、企業が求める業務内容に合わせた文章を書きます。

テストライティングの課題内容は、応募した会社によって異なります。たとえば、Web制作会社では、SEOを意識した文章力が求められる場合があります。

また、マーケティング会社では、商品やサービスをPRするための文章力が求められます。

課題の指示内容には、文章の目的やフォーマット、文字数、使用するキーワードなどが含まれます。ライターは、会社担当者の指示内容に沿って文章を作成します。

最後に、企業は求める文章力を評価します。評価基準は、

  • 文章のクオリティ
  • 表現力読みやすさ
  • キーワードの使用状況

などを含みます。

ライターは、評価基準に注目し、自分の文章力をアピールできる文章を作成する方が良いでしょう。

テストライティングを正確に理解するためには、課題の指示内容に注意深く目を通し、企業が求めるスキルや業務内容に応じて文章します。

そして、自分の文章力を高め、アピールする文章を書けるように練習することが大切です。

とにかく課題内容をよく読むことが大切です。自分で判断しないで、指示された通りに素直に書いてみてください。

②会社のWebサイトの文章をよく読む

テストライティングの課題を解く際に、会社のWebサイトの文章を読むことはとても大切です。

なぜなら、応募した会社のWebサイトの書き方がわかり、その書き方に自分の文章スタイルを合わせる(似せる)と合格しやすいからです。

企業のWebサイトは、その企業がどのような商品やサービスを提供しているか、どのようなビジョンを持っているか、どのような雰囲気を持っているかを知るための貴重な情報源です。

また、Webサイトの文章は、企業が求める文章力のスタイルや表現方法を知るための手掛かりにもなります。

Webサイトの文章を読む際には、以下の点に注意する必要があります。

注意点①文章の目的を理解するために読む

企業のWebサイトには、商品やサービスを紹介するためのページや、採用情報を提供するためのページ、企業理念を説明するページなど、様々な種類のページがあります。

それぞれのページに合わせた文章のスタイルや表現方法が異なるため、目的に合わせた読み方をする必要があります。

企業のWebサイトには、SEOを考慮した文章が掲載されている場合があります。そのため、キーワードの使用状況やページの構成などを注意深く観察することも重要です。

注意点②文章の表現方法やトーン、スタイルに注目して読む

Webサイトの文章は、企業の文化や雰囲気を伝えるためのものでもあります。文章の表現方法やトーン、スタイルにも注目し、企業の特徴を理解することが求められます。

正確でわかりやすい文章を書くためには、Webサイトの文章を研究し、自分の文章スタイルを合わせる(似せる)ことが大切です。

応募した会社のWebサイトに、自分の文章スタイルを合わせると合格しやすい

③ターゲット(読者像)を明確にする

テストライティングを受ける際には、文章の読者像を明確にすることがとても大切にです。

明確な読者像を把握することで、どのような情報が必要で、どのような文体で書く必要があるかを理解できるからです。

そのため、課題文や会社のWebサイトをよく読み、その会社がターゲットとする顧客層やその業界での用語などを理解することが大切です。

また、ターゲットとなる読者像を明確にすることで、読者にとって分かりやすく、興味を引く文章を作り出せます。

たとえば、医療関係の記事を書く場合、医療関係者を読者像として想定して書かなければ、適切な用語や技術的な説明が不足してしまうかもしれません……

一方で、一般の読者をターゲットとする記事では、分かりやすい言葉や具体例を使うことで、より興味を引きます。

このように、明確な読者像を把握した上で文章を書くことで、読者にとって有益で興味深い記事を作り出せます。

ターゲットとなる読者像を常に意識し、文章を書く際に忘れずに考慮することが大切です。

④書類提出前に誤字脱字を確認する

テストライティングの書類を提出する前に、誤字脱字がないかを確認することはとても大切です。

書類に誤字や脱字があると、プロのライターとしての信頼性を失うことになるからです……

また、読み手にも不快感を与えるため、書類の意図が正確に伝わりにくくなる可能性があります。

誤字脱字をチェックする際には、以下の点に注意します。

  • 文章全体を読み直し、不自然な表現や不明瞭な部分がないかを確認します。
  • 単語や文法の間違いにも注目し、校正作業します。
  • スペルチェックや文書校正ツールを使用することもおすすめです。

誤字脱字をチェックすることは、ライターとしてのプロ意識を示す大切な作業です。書類を提出する前に、何度も確認し、誤字脱字のない文章を提出するよう心がけましょう。

とはいえ、1人で執筆作業と誤字脱字チェックをするのは大変ですよね。

おすすめのツールをご紹介します。

文章を作成後、ぜひ使ってみてくださいね。

⑤締切前倒しで書類を提出する

テストライティングの締切前倒しで書類を提出することは、ライターとしてのプロ意識を示すとても大切な行動です。

締切前に書類を提出することで、プロジェクトのスケジュール管理に貢献できます。

また、締切直前に提出すると、突然のトラブルが起きた場合に対応する余裕がなく、品質の低下や遅れが生じる可能性があります。

締切前倒しで書類を提出するためには、計画的なスケジュール管理や作業の優先順位の設定が必要です。

締切前倒しで書類を提出することは、プロのライターとしての姿勢を示す重要なポイントの1つです。常にスケジュールに余裕を持って作業に取り組み、品質の高い文章を提出するよう心がけましょう。

もし途中で締切日までの記事提出が困難な場合は、早めに会社担当者様へ連絡しましょう。

スポンサーリンク

最後に:テストライティング合格のコツのおさらい

テストライティング合格のコツをおさらい
     Webライティング合格のコツをおさらいします

本記事では、筆者が実際に受けたテストライティングの事例をもとに、概要、合格するためのテクニックを解説しました。

◇テストライティング合格のコツ◇

  1. 選考課題の問題を正確に理解する
  2. 会社のWebサイトの文章をよく読む
  3. 文章の目的を理解する
  4. 締切前倒しで書類を提出する
  5. 書類提出前に誤字脱字を確認する

自分には無理だと思わず、ひたむきに応募・テストライティングを受けてみてくださいね。うまくいけば、良質なクライアントに出会えますよ。

WritingHacks

Writing Hacks(ライティングハックス)』は、Webライターが脱初心者になるための文章の書き方を教える注目のオンライン講座です。

豊富な経験を積むプロ講師陣が、Webライターに必要な知識を動画114本(1本5分〜)で解説しています。

SEOの専門知識を持つ講師陣による実践的なアドバイスが満載であり(LINEで無制限質問サポート付き)、ブログ集客やSEOに興味のある方にオススメのオンライン講座です。

キャリアを見直し、『稼げるWebライター』を実現しましょう!

\今すぐ!公式サイトを見てみよう♪/

コメント

タイトルとURLをコピーしました